cocoroツアーズ 2007年04月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
日曜日に思ったコト
2007-04-30 Mon 04:15
武蔵野の森公園に行った


飛田給から味の素スタジアムを超えて

いくつものサッカーグラウンドや野球場を横目に

30分くらいかけて歩く


調布飛行場のすぐ脇にある公園


前は車で家族みんなで行ってた ムスコのお気に入りの公園


なんの遊具もない ただ広い芝生 小さなため池

大きな空 次々と離発着する飛行機 そんだけ


フリスビーで遊んで散歩の犬をからかって

ムスコとムスメとムスメの親友


いつのまにか3人は四葉のクローバーを探しに行って

シートにひとり残されぼんやりと飛行機雲が

ほどけていくのを見てた


前に来たのは去年の5月の終わり

ヒゲクマが最初の手術を終えて退院して少したった頃

体力がまだ回復してなくて今日の私みたいにシートに寝転んでた


あの日ムスコとムスメが次々と四葉のクローバーを見つけて

あんまり簡単に見つかるので不思議だった

こんなにあやういのにシアワセのクローバーが見つかるなんて


唐突だけど「僕の夏休み」っていうゲームがあるの

魚釣りしたり虫取りしたりバーチャルゲームだね

一日の終わりに毎日日記を書く

特別なイベントが無い日の日記は決まって


「今日はなんにもないすばらしい一日だった」


キョウハ ナンニモナイ スバラシイ イチニチダッタ


こないだまで気付かなかった

ゴールデンウィークなのにどこに行く予定もないけど

家族がひとり減って 教えられたコトがある


今日は四葉のクローバーは一枚も見つからなかったけど

大きなシアワセはこわいからいらない

つまらない日なんて一日だってないもん


昼の白い月が青空に浮かんでる 神さま


アシタモ ナンニモナイ スバラシイイチニチガ キマスヨウニ


丘の向こうから子ども達が笑って駆け下りて来る

ひゃっほー


スポンサーサイト
別窓 | - | コメント:17 | トラックバック:0 | top↑
こんちゃんるーる
2007-04-27 Fri 13:49
みなさまありがとうございます。。。

こんちゃんルールです。

これからは記事下のコメ数は見ないようにして

記事左側の「最近のコメント」欄のイチバン上の名前を

クリックしてコメ欄に行かれてコメしてください。。。

コメが書き終わったらtopを押して戻ってコメ数をご確認ください。

100番のかたは、「私が100番」のコメくださると、

とってもとってもウレシいデス!!!


なんかどきどきなのだ!!


こんちゃんルールにより、私、hiromiも参加いたしますので、

よろしくお願いいたしますです。。。



ホントにありがとうございます!!!


記事の立場はどーなっておるのだ!みたいなコトは

考えないかんがえない。。。(笑



別窓 | - | コメント:40 | トラックバック:0 | top↑
立て!!!!!!
2007-04-24 Tue 08:30
落ち込んでるの。。

ホント言うと、イヤなコト山積みで

目をそらしたいコトばかりで、現実逃避してるの


この数日、先延ばしにしていた不安を抱えて

いらいらしている


記事にも現れてるよね。。これを世間では






うつ





っていうワケ?


こら!笑わないでおくれ



いつも元気で前向きでいたい

でもね ダメな日もあるんだあ。。。


あれもこれもそれも消えてしまえ!!!!!!!!!!


ってワケにいくはずもなく


ダメだ!hiromi!ちゃんとしろ!おまえがやらずに誰がやる!


ひとつひとつリストを作って

電話して手配してアタマ下げて電卓打ってボールペンを握るんだ!



頑張ってるヒトはきっと報われる

うつむいてぐじぐじしてるヒトには報復がある


だから だからだから



立つんだジョーーーーーーーーーー!!!!!
別窓 | - | コメント:115 | トラックバック:0 | top↑
「櫻の園」
2007-04-23 Mon 13:47
チェホフでも、映画でもない「櫻の園」

吉田秋生の「櫻の園」を知っているのは

ある程度の年齢以上の少女まんがファンだろうな。。


この作品が発表されたトキ、あまりの衝撃に

涙し、繰り返し読み、胸に抱きしめたっけ。。


物語はある女子高の演劇部が舞台


優等生のレッテルに息苦しさを感じ、自分の殻を破ろうとする少女

初体験をしたばかりのちょっと頼りない新部長の少女

オトコっぽいと言われ女子高のスター的存在の少女

不良と噂されあるコトないコト言われる少女


4人の少女のオムニバス


映画では原作の香りは残っていたものの

私が抱きしめたくなった少女たちの本音がかき消されていた

映画ももちろん傑作なんだけど


優等生だった少女が

「あたしはきれいとか可愛いとか言われた事は一度もないのよ
 いつもしっかりしているっって
 ある日親類にませてるって言われて 悪いコトだと思ってた」


オトコっぽくて女の子にきゃあきゃあ言われていた少女が

自分の胸が不釣り合いなほど大きくなっているコトが疎ましくなり

時おり見かけて片思いしていた男の子に可愛い彼女がいるコトを知り

自分がオンナだと思い知らされる

翼をもがれるように


初体験をしたばかりの少女は彼氏の心が見えなくなってしまう

ある晩、少女の姉が帰宅して泣きながら化粧を落としている姿に気付き

理由を聞くと

初体験の彼と街で偶然出会って一緒に飲み

ホテルに誘われたという

結婚の決まっている姉はそれを断るが

「あのひとはそんなコトを軽く言えるようになって
 私もそれはマズいわよって笑いながらかわせるようになっちゃった
 忘れられないわよ 初めてだったのよ 
 忘れたらオンナじゃないわ ほんとに大好きだったのよ」

って言うの

泣けるじゃない?


不良と言われた少女は元部長の優等生に恋にも似た感情を持ってる

だからこそ優等生の少女がオトコっぽい少女に寄せている思いに気付く

それはレズとかそんなんじゃなく

自分が疎ましく、だから正反対の少女に惹かれているというコト


ラスト、優等生の主人公は思い切ってオトコの子っぽい少女に告白する

「あたし、アナタのコト好きよ
 あたしじゃダメかなあ」
「ううん、だめじゃない」
「あたし、あなたが好きよ」
「うれしい もっと言って」
「あたしあなたが好きよ 大好きよ」


自分を否定したくなる

自分を肯定させてほしい

誰かに受け入れてほしい切実な願い


そんな思いが痛くて


今は手元にないから思い違いがたくさんあるかもだけど

桜吹雪を見るといつも思い出す

この物語の少女たちを


図書館に行けばもしかしたら置いてあるかも

いまはマンガも図書館にあるのだ

私が高校生のトキのマンガだから街では手に入らないかな

名作です!



 



別窓 | - | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
4月18日は蝶々記念日
2007-04-20 Fri 14:01
えーーーと、あまりに

相変わらずな内容だったので、

書直します てか書き足します


4月18日

朝からそわそわ

子ども達を追い出してから

ぅうーん何を着ていこう

だっていきなり寒くなって着る服が思いつかない


嘘です。。着ていく服がない

選んだのはシルクのシャツ

新しいジーンズ

黒いキャミ


出かける段になって友だちの社長夫人が遅刻するって


赤坂見附で丸ノ内線から銀座線に乗り換え

10時30分ちょうど伊東屋のエレベーターを降りた

そこにはかわいい女の子がひとり

どこか頼りなげな


でもそのまま会場入り

どこかな?kazumiちゃん

うろうろと視線がさまよう


すると向こうから輝くばかりの美貌のオンナがこっちを見てる


ぉいぉいマジか


ど・どえりゃーーーーー美人でねえか!!!


「hiromiちゃん?」


あうううどうしよう神様 天女が話しかけてます。。。


kazumiちゃんは「こんちゃんがまだ見えないの。。。」

私のアタマにさっき見かけたちいさな女の子がフラッシュ!

慌てて戻って彼女と見つめ合うコト数秒。。


どちらからともなく「こんちゃん?」「hiromiちゃん?」

感動の出会いですううう

いままでたんとおしゃべりしたのに、見知らぬ相手

これって、私としては超新鮮なんですけど(笑


会場をkazumiちゃんの丁寧な解説付きで見て回る

素晴らしい作品の数々は「花々楽しい日」からどうぞ(またですか


ドトールに場所を移してみんなで蝶々作り

3ブロックに切り分けたパーツを組み立てる

そんなに時間のかかる作業じゃないけど

そんなに時間がかからないように配慮してくれた

kazumiちゃんのおかげ

どんなに手間がかかったか


お昼ご飯はタパスタパスで

近かったから(ぉい

席が離れちゃったけど 後から合流

kana2ちゃんはレッズファン

これですべてはOKよ(素晴らしいヒトだ!!


私の友人ふたり・こんちゃん・kana2ちゃん

オンナが集まればにぎやかなのは想像つくよね?

もう一度会場に戻ってじっくり作品を見て

kazumiちゃんからプレゼントいただいて

みんなで伊東屋名物?3万なんぼの鉛筆を見学

試し書きをしたの 感想はやっぱ鉛筆は鉛筆(笑


伊東屋の別館を見てから

私は友人と「現代仏壇」というショップに行きました


この期に及んで仏壇を見ちゃう私(ははは


銀座を後にして帰宅して 今日1日を振り返る

なんてシアワセだった日

こんちゃんのお土産はやさしさがいっぱい詰まってた


泣けちゃうくらいやさしいお土産

kazumiちゃんのプレゼントしてくれたキラキラの蝶々


どうしよう 

こんなにしてもらって


いつかまた会いたいな

みんなに会いたいな


ほんというとここに来てくれるみなさま全員に会いたいの

オバな私ですが いつか訪ねて行ったら

笑って迎えてくれますか?

別窓 | - | コメント:58 | トラックバック:0 | top↑
出会い
2007-04-20 Fri 12:44
出会いって不思議だよね

いままでなら身近にいるヒトとしかお話できなかったのに

ブログのおかげで日本各地の方とおしゃべりさせてもらえるようになって


学校に通っていた頃は

いまいちクラスになじめなかった

そうするとマジで苦痛

だって生け簀の鯉と同じだもん

あっぷあっぷして


どうしても好きになれないヒトがクラスのリーダーだったりすると

息をひそめてクラス替えを待つしかない

まあ昔は1学年が6クラス7クラスとあって

普通に考えれば逃げられそうなもんなんだが

イヤなヤツに限ってずーーーっと一緒だったりして(笑


クラスメイトをクリアしても

先生もまた選べない

自殺に追い込むような教師って確かに存在する

ウケを狙ってヒトを傷つけるヤツ

朝の機嫌で生徒をいじめるヤツ


もちろん素晴らしい先生、親友だっているよ

でも、それとおんなじくらいイヤな思い出もある(私はね


会社に入り、会社を抜け

いつのまにか大きな組織からははずれてた

初めて六本木に事務所を構えたトキ

窓を大きく開けて深呼吸した

あのトキの爽やかな風  いまも忘れない


ひとりで仕事してるワケじゃない

いろんなヒトと出会ってこころを通わせながら仕事してる

とんでもないヒトもいたよ(おっさん!!

でも、素敵なヒトの方がだんぜん多い


ブログを始めたきっかけは ヒゲクマとの日々を

書き留めておきたかったから

誰かと出会えるなんて思いつきもしなかった


だけど、いま


こんなに宝物みたいなつながりができて

正直な自分を受け入れてくれるヒトがいて


感謝の気持ちを忘れないでいたいと思う


抽象的な話ばかり

全然

オフ会の話になってないね(笑


出会って、手を取って、目を見つめて

パソの向こうにいたみんなと言葉を交わせるシアワセ

それはホントに極上のシアワセで


でも まだ顔も知らないみなさまのコトも

同じように生き生きと身近に感じてる


狭い生け簀で飼われていたトキより

ずっと純粋な出会いに恵まれたような

そんな気がする春の午後なのだ!



追伸

すいません。。

伊東屋でどんなに素敵なコトがあったかは

右側のリンクから「花々楽しい日」に遊びに行ってみてください

なんかなー私ってダメねぇ(笑

別窓 | - | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑
Happy Birthday To You !
2007-04-15 Sun 23:58
今日はヒゲクマの誕生日なのだ!

誰がなんと言おうと誕生日なのだ

だからおめでとうなのだ

いま ここにいないのは

なんかの間違いに決まってる


だから晩ご飯はお寿司なのだ

なんか文句あっか


ケーキも買って来て

歌ったのだ


みんなで大声で

ハッピバースデイって歌った


聴こえたかな


テーブルにお位牌をおいて

みんなで歌った


このお位牌はちょっとした身代わりで

ほんとのパパは今、どこかで元気に笑ってる

だからちっとも淋しくない



みんな元気です

安心してください
別窓 | - | コメント:76 | トラックバック:0 | top↑
親のこころ
2007-04-12 Thu 00:49
昼頃、マンションの階段を下りて行ったら

2階に住んでいるお母さんが3階の踊り場にたたずんでいた

なんか遠くを見つめてる

声をかけたら、子どもが帰宅するのを待っているトコロだという


ああ。。そうか。。


今日から小学校は通常授業が始まって、

1年生は午前中で下校。


ついこのあいだまで、お母さんが手を引いて幼稚園に送り迎えしてたんだもの。

集団下校とはいえ、気がかりなんだね。


階下を見るとマンションの駐車場にも心配そうに通学路を見つめるお母さん二人。。

こちらも、1年生を持つお母さんでした。


下に降りて、この2人とおしゃべり。

中のひとりは、このマンションに越して来たばかりの頃、

ハイハイで部屋から脱走した赤ちゃんのお母さんだった。


1階に住んでいるのだけど

風を通すために開けていた自宅ドアからひそかに脱走

長い廊下を通りマンション玄関の自動ドアをハイハイでくぐり抜け

スロープをくだりアプローチを抜け

車道に向かって一心にハイハイしているトコロを

私とヒゲクマが保護しました(笑


笑い事じゃない。。一歩遅れてたらアウトだったはず

感慨深いっす。。。あの子が1年生。。。。。

だいじょうぶ。運の強い、冒険心に満ちた男の子だもん!


ウチのマンションから歩いて2、3分のトコに幼稚園がある

園舍を建て替えてフローリングに床暖房の超デラックスオシャレ幼稚園になった

当然 人気はうなぎのぼり

願書を取るために、例年長蛇の列なのは知ってたが

今年は前日の4時から並んだそうな





当日の午前4時じゃないの?


前日の午後4時???




うそだろww 2月だよ



しかも それ以前 午後2時にはお父さんたちがうろうろとしてたんだって

そうやって必死に願書をゲットしても

さらに抽選が待っているらしい


ひ?え???


親心は熱く熱く 

通学路を見つめるお母さんたちの視線も熱く

「がきども、感謝してしっかり生きて行けよ!!!」

と願わずにはおれぬ春の日でした


八重咲きの桜も満開

ご入学 おめでとございます。。




別窓 | - | コメント:43 | トラックバック:0 | top↑
贈りもの
2007-04-08 Sun 03:57
ヒゲクマに最後のおこづかいを渡したのは

いつだったかな

彼が亡くなって病室を片付けていたら

4000円と小銭入れに少しお金が残っていた

入院中にテレビカードを買ったり雑誌を買ったりして使った残り


子ども達と私で1000円ずつわけっこした

残りの1000円札と小銭は位牌に供えてある

ムスコが狙ってるけど(笑


これで一生記念にできるものを買うように言った

たかが1000円 されど1000円

最後にパパがくれたおこづかいだと思って

慎重に選ぶように言った


ムスメは若い子のショップで

ラインストーンの付いた十字架のペンダントを買った

ムスコはガンダム買うだのお金を足してゲームを買うだの言ってるが

姉に止められていまだに使えない


さて私は

吉祥寺にお花見に行ったトキ 小さなアクセサリーショップで

ペンダントトップを買いました


ヒゲクマが吉祥寺に来ると寄っていた裏道のパソコンショップが

シルバーアクセサリーのお店に変ってた

のぞいて見るとちいさな真珠の付いたペンダントトップが1100円

なんかぴんと来て これに決めた!

100円足すのはアリかな?と思ってたら 店員さんが

10%offのカードをくれました


990円になった!チャラララッチャラ?


ヒゲクマは2年くらい前 私の誕生日に

段ボール箱から出て来たと言って分厚い商品券の束をくれたんだ

たぶん税金対策でまとめ買いして忘れてたんだね

これで子どもたちの誕生日にはパパのプレゼントとして

毎年なにか買ってやろうと思ってる


ヒゲクマは遺書がわりに誕生日に読めるように

子ども達宛に手紙を書いていた

3年分しかないけど

誤字脱字たっぷり 支離滅裂 たぶん薬でアタマが働かなかったんだ

(というコトにしてやろう

これがパパの贈りもの


こむぎさんのブログで引き出物のカタログの話を読んだ

無駄がなくていいようにも思うけど

私はやっぱり贈りものをもらいたい

そのヒトが選ぶのに使った時間がうれしい

それが役に立とうが立つまいが

そのヒトの顔が浮かんでなつかしくなる



ただーーーし!!!

そこに顔写真とかふたりの名前がでかでかと入ってるのは

どうかと思う!!!

うるせえ!って言いたくなるぞ(笑


別窓 | - | コメント:47 | トラックバック:0 | top↑
なんでこうなるの
2007-04-05 Thu 06:05
昨日は寒かった

花冷えってヤツですね

春雷も鳴って桜がかわいそうだった

いつも思うけど桜って曇天の下で見るとさえないね

オンナっぷりが下がると言うか。。


あまりに寒いので我が家はキムチ鍋

美容院から帰ってあわてて支度して

いざ食べようとなったトキ、ヤカンがピーと鳴った

フットワークの軽いムスコがポットになみなみと注いで。。


なみなみ過ぎた。。。


スキップしながら戻って来て

しゃがんで鍋をよそってた私の脳天に 熱湯を


こぼしました。。。。





「ぎゃあーーーーーーーーーっっっっっっっっっ!!!!!!」




いだかっだーーーーーーー



慌てて蛇口の下に行って

頭から水をかぶりました

冷たい水がざんざんと服を濡らそうが

髪が排水溝に吸い込まれそうになろうが



私のアタマの中は



「ハゲたらどうしよう。。。?」



でいっぱい



だってものすごい痛みだったんだもん!!

泣いて謝るムスコ

どうしようと泣きながら心配するムスメ

鍋をかこんでの楽しい夕食は一変したね



10分以上は水をかぶった

美容院でブローしてもらった髪はおばけのよう(笑

もうほんとかなしかったです。。。


保冷剤をガーゼにくるんでじっとアタマに押し付けるコト

2時間。。。


やっと痛みが落ち着いた


子ども達には夕食を食べていいと言っといたのに

ほとんど手をつけてなかった


ふいにかわいそうになったよ

今度はふたりを慰めるのがたいへん


ムスコはなす術もなく泣いてた

ムスメは「病院に行くなら連れてくよ」とか

保冷剤を冷凍庫から出して来たりとか

パソで火傷の対処法を調べたりとか

必死で頑張った


おお!!子ども達よ!


取り乱した母を許しておくれ(泣



火傷しちゃったトコは赤くなってるらしい

カラーリングしたばかりの髪はごわごわ

表皮はなんかでこぼこに固くなってて


ちょっと不安が残るけど

ハゲへの恐怖もかなーりあるけど

子ども達への愛を再確認したよ でも



はあ。。



やっぱ はげませんように。。。。。。。。。
別窓 | - | コメント:50 | トラックバック:0 | top↑
| cocoroツアーズ |