cocoroツアーズ 2008年10月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
めーちゃんの話
2008-10-25 Sat 11:26
初孫はうれしくカワユイものと聞きますが

初姪っ子だってとてもうれしくカワユイものです


どんなに愛らしかったか!


どんなに不思議だったか!


壊れそうで不安だったか!


姉が出かけるというので実家に預かるとき

両親が大切に一生懸命に世話していたのを思い出すのです

小紋さんを見ていると(笑

また姉も初めての子ですからけっこう神経質で

コレをしてはいけない

こうやってほしいとリクエストも多かったのです

そのわりに出かけると帰りが遅く、母は不安になっていました

「遅い!」と姉をしかりとばしていたっけな


そんな大切な初姪っ子を抱っこしているときに

するりと落としたコトがあるのです

マンションの固い木の床に


夜遅かったと思います

姉は「大丈夫だから!」と言いおいてすぐに病院に走りました

ワタシは不安でこわくて申し訳なくてかわいそうで

実家の庭にずーーーっと立って姉の帰りを待っていました

寒い季節だったけれど上着も着ないで

ただ空を見上げて祈っていました


もしなにかあったらどうしよう

もしなにかあったらどうしよう

もしなにかあったらどうしよう


姉がおくるみに包んだ赤ちゃんを抱いて帰って来て

「大丈夫だったから、中に入りなさい。風邪引くよ」

と言われたそのあとのコトはよく覚えていません


たったそれだけの話です

美しくかしこくやさしく笑顔の素敵なお嬢さんに育ったのを見ていると

本当にありがたかったと神さまに感謝しています


めーちゃん、ごめんね
スポンサーサイト
別窓 | - | コメント:38 | トラックバック:0 | top↑
秋の味覚
2008-10-21 Tue 12:38
ヒゲクマの実家からたくさんさつまいもが届いた。

それと一緒に預けていた大量の本が送り返されて来た。

本は行き場がなくて、いまだに玄関に積まれている。

お芋の方は美味しくいただいて、もう食べきりそう。

茨城のさつまいもはホントに美味しい。


スイートポテト

スイートポテト。
たまたま生クリームがあったので、濃厚に美味しくできた。



いもようかん

いもようかん。
コレはもう、みなさまにふるまいたい!
絶品でした。


昨日は夕方から時間をかけて、この他にクッキーも焼きました。

ワタシって天才パティスリー?(笑

お砂糖の袋がみるみる残り少なくなっていくのをみると

ちょっと怖いんですけどね。食欲の秋だから。




別窓 | - | コメント:30 | トラックバック:0 | top↑
秋といえば。。
2008-10-17 Fri 09:19
秋といえば

思い出すのは三木露風の「すたれし声」

わが見る秋は傾きて、
黄金(きん)の歩みをつづけたり。
音なく葉は落ち、葉は落ちて、
君が心に眠り入る。

樺色なせる樹の間には、美しき眼のうかがへり。
明らかに澄み、また夢み、
青絹の優しき昔の追憶(おもひで)は、
風に揺られてかがやきたり。


与謝野晶子の「晩秋」

2節目がすき。

道は一すぢ、さんらんと
彩色硝子に照らされた
廊を踏むよな酔ひごこち、
そして心(しん)からしみじみと
涙ぐましい気にもなる


なぜか(好きでもないのに)暗誦できるP・ヴェルレーヌの

秋の日のヴィオロンのため息の身にしみて
ひたぶらにうら悲し
鐘の音に胸ふたぎ
色かへて涙ぐむ 過ぎし日の思い出や

げに我はうらぶれて ここかしこさだめなく
とび散らう落ち葉かな



百人一首

業平

ちはやぶる かみよもきかず たつたがわ
からくれないにみずくくるとは

寂蓮法師

さびしさは そのいろとしも なかりけり
まきたつやまの あきのゆふぐれ

猿丸太夫

おくやまに もみぢふみわけ なくしかの
こえきくときぞ あきはかなしき


童謡ですきなのは

まっかだな まっかだな
蔦の葉っぱがまっかだな
紅葉の葉っぱもまっかだな

しずむ夕日にてらされて
まっかなほっぺたの君とぼく
まっかな秋にかこまれている

まっかだな まっかだな
からすうりってまっかだな
とんぼの背中もまっかだな

夕焼け雲をゆびさして
まっかなほっぺたの君とぼく
まっかな秋によびかけている



こぎつねこんこん 山の中 山の中
草の実つぶしておけしょうしたり
紅葉のかんざし つげのくし

こぎつねこんこん 冬の山 冬の山
枯れ葉の着物じゃ縫うにもぬえず
きれいなもようの花もなし

こぎつねこんこん 穴の中 穴の中
大きなしっぽはジャマにはなるし
小首をかしげて 考える


「ちいさい秋みつけた」は悲しくなるので。。歌えるけどね


秋の夕日に照る山もみじ
濃いもうすいも数あるなかに
松を彩る 楓や蔦は
山のふもとのすそ模様

谷の流れに散り浮くもみじ
波に揺られて 離れて 寄って
赤や黄色の色あざやかに
水の上にも織るにしき


昔の流行歌

「誰もいない海」

いまはもう秋 誰もいない海
知らん顔してひとが行き過ぎても
わたしは忘れない 海に約束したから
さびしくても さびしくても死にはしないと

いっぱい書いちゃったな?

思いつくままに

記憶力のみたよりに書いたので

文字とか違うかもしれない。。細部が間違ってたら

ゴメンナサイです。。。って読む気にならなかったかな(笑







別窓 | - | コメント:13 | トラックバック:0 | top↑
横浜・山手・異人館
2008-10-17 Fri 03:46
15日、水曜日、kana2ちゃん、kazumiちゃんと3人で

横浜異人館巡りをいたしました。

その詳細は「花々楽しい日」のkana2ちゃんちで見てください。


なぜなら。。ワタシの撮った写メは「ドコに行ったの?」

と聞かれるようなものばかりだからです。


なかでもワタシがこだわったのはコイツ


ヒーター3


セントラルヒーティングのオイルヒーターさんです

なぜこんなものを撮っているかといえば


ヒーター2

日本の一般家庭にはないのでなかなか資料がないからです

みなさまが美しい室内を撮っている間


ヒーター1

床に這いつくばるようにして激写!(ケータイだけど


それとコレ


バスルーム

コレも日本家庭にはない壁付シャワー


他には猫


にゃんこ1

にゃんこ2


にゃんこ@外人墓地
コレは単に好きだからだけど?


実は近々「イラストの書き方」みたいな本を担当します

「書き方って言われても。。自分ではわからないんですけど」

と担当さんに言ったら

「ワタシ、hiromiさんの本が好きで自分でも購入してるんですよ」

って言ってくださったので

「あら!うれしい!ありがとうございます」って言ったら

「読者にちょこちょこって描いてみたいなって思わせる絵ですよお?」

。。。あら? ソレってぇ


つまりはー

ワタシに白羽の矢が立ったのはー

限りなく素人に近いプロだからみたいでー


テニスまんが「エースを狙え!」で

レギュラーに選ばれた岡ひろみが宗方コーチに

「なんであたしなんですか?!」

って言ったら

「オマエがイチバン下手だからだ!!」って言われちゃったみたいなー


ま、そんなトコですね?


実際に取りかかるのはまだ先なんですが

そりゃーね、ワタシはお世辞にもスーパーリアルな

絵は描けませんけど。。

こんなふうにちまちま努力してるんですよ

というようなコトも一筆入れさせていただきたいものです


はあ。

そうだ!素晴らしいいただきものをしてしまったんだ!


たんプレ

kana2姫制作のピンクッション・kazumi姫制作のシャドーボックス

kazumi姫がルドゥーテの部屋から薔薇の香りのサシェ


うーーーん、どうしましょう?

kana2ちゃんは前夜、遠足の前だというのに作ってくださって

kazumi姫はワタシのつたない絵を使ってくださいました


ホントにどうもありがとう?!!!デス!

そうだ!みみちゃんもありがと?!!!



ギンギラギンのカード。。





別窓 | - | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
夕映え
2008-10-12 Sun 15:53
昨日、バラ園に行きました。

相変わらず神代植物公園です。
代わり映えもないのですが。。

ブルーバユー

ブルーバユー


マリアカラス

マリアカラス


セブンティーン

セブンティーン


朝は雨が降っていたので露がやどっています

帰りがけ、ふと見上げた空

夕映え1


いつのまにか薔薇色に染まっていました

この空を見せたいヒトがいる

この空をともに見上げたいヒトがいる

そのヒトはきっと待っていてくれます

いつと約束はできないけれど

「いつかね」と言えば「きっとね」と答えてくれるでしょう


夕焼け


ロンロンお空を塗っていこう

ロンロン僕たち行くところ

キレイな秋がやってくる♪

ムスメが小学1年生のときに「秋のペンキ屋さん」

というお芝居で歌った歌です

今日はペンキ屋さんが大活躍したみたい。。

バースデーケーキ

えへへ


別窓 | - | コメント:30 | トラックバック:0 | top↑
秋晴れはればれ
2008-10-10 Fri 09:49
やったーーーー!!!

苦しかったけど、やっとこさつかめた!


去年は仕事量が多すぎて、いつのまにか。。。

ちょっと自分に甘くなっていたと思う。

だけど、今回はしっかり勉強しながら描けた。


自分なりに納得いくまでやれたと思う。

なに自画自賛してるのよ、hiromiさんたら。。。


だけどね、ずーっとやってみたかったけどわからなくて

そのままにしていたコトがひとつできるようになったんだよ!


まあ、時間があったから。。イコール暇だからだけどさ。

ワタシとしては画期的なの!

誰にも頼らず自分の力で本を読みながら

パソコンをあちこちいじりながら

何度も失敗したり、落ち込んだりしながら


やっとこさわかったんだもの!!


あ?そういうコトだったんだあー

うれしいんじゃん!!

本日は秋晴れ??????????!!!
別窓 | - | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
土浦の花火
2008-10-06 Mon 13:00
季節は秋

花火1




だというのに、花火です!
茨城県土浦市で毎年開催される「花火競技会」をご存知ですか?
毎年、10月の第一土曜日に開催されます。

結婚して20年。。といっても今はひとりですが。。
この花火大会を見るのは初めて。
お盆にヒゲクマの実家に行ったときにお母さんに誘われました。

土曜日の朝、家を出て荒川沖駅に着いたのは午後1時。
ヒゲクマのお兄さんの運転する車で会場近くに住むお母さんの妹さんのムスメさんのマンションに向かいました。

今回、sonomiは部活だったので、ikumiだけを連れて行きました。
お母さんの姉妹、ムスメさんの子ども達、全部で10人。
何台もの観光バス、道路は大渋滞。
いつもなら5分で着く距離が1時間かかりました。

夜になると出店を見て回るのも大変というコトで昼間のうちに歩いてみましたが、大変な人出です。
土手の端からはしまで屋台で埋め尽くされています。

花火2


遠く見える屋台の灯りもキレイです。

午後6時、打ち上げ開始。
真夏ならまだまだ明るい時間ですが、秋ともなればもう真っ暗。
花火3


た?まや?

花火4


か?ぎや?

素晴らしいお天気に恵まれ、空は雲ひとつなくちょうどいいくらいの風もあり夜空に大輪の花が次々と開きました。
画像はないのですが「おっぱいがいっぱい」なんて花火もありました。
白く丸い花火の中心にピンクの乳首ちゃんが。。

いっぱい(爆


お母さんの作ってくれた栗入りのお赤飯、手羽先の煮物、焼き鳥にイカ焼きにかき氷にビールに。。あ?書ききれない?
もちろん、すごく寒いのですがシュラフや毛布にくるまって2時間半、堪能いたしました。

ラストはユーミンの「春よ、こい」の曲にのせて夜空にピンクの桜が咲き誇りました。(クリックして聞いてくださいね!)


春よ 遠き春よ まぶた閉じればそこに
愛をくれしキミの なつかしき声がする♪

いつのまにか時は流れますが、いつまでも変わるコトなく、感謝を忘れずに生きて行きたいと思います。

母が亡くなっても、ワタシにはもうひとりお母さんがいます。
ヒゲクマがくれた、もうひとつの宝物です。


。。。。さて


先日やちまる様から素敵なプレゼントをいただきました。
やっちーのプレゼント

コレです。写真立てなのですが、オマケがついています。
このキラキラのスタンドのスイッチを押すと?




やっちーのプレゼント2

hiromiも花火みたいに輝きまーす!

やっちー、どうもありがとう!!!


別窓 | - | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
| cocoroツアーズ |