cocoroツアーズ 2009年01月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
浅草から船に乗って。。
2009-01-24 Sat 08:17
最終日、3日目。


姉の葉摘みちゃんは「突撃!すずめの朝ご飯」

ワタシは朝までかかって「すずめ&つばめカード」作り

それぞれやるコトは違っても、思いは一緒デス


葉摘みちゃんがホテルでお抹茶をたててあげている頃

ワタシはハーブティをポットに入れました

違うようで似ている姉妹かな

すずめちゃんはハーブティを嬉しそうに受け取ってくれました

ありがとう!


九段下から東西線、銀座線を乗り継いで浅草へ

浅草寺

後ろ姿はすずめちゃん

ポーズしてるのが子すずめちゃんと葉摘みちゃん

バックは浅草寺です

仲見世を冷やかしつつお団子食べたり揚げ饅頭食べたり

揚げ饅頭はいわば饅頭の天ぷらです。。美味しいのよ

おみくじ

おみくじを引いたら。。。

hiromi「四十三番 吉」

子すずめちゃん「三十四番 吉」

左右対称でなんだかうれしい♪


曇天でしたが、かなりの人出で帰りは仲見世を脇からそれて

伝法院通りを歩きました

途中、「お腹空いた?」という話になり

「もんじゃを食べたコトがない」という話になり

小路にあるもんじゃ焼き屋さんへ

初めてのもんじゃはいかがでしたでしょう

でろ?んと広がるうどん粉の池に驚きましたでしょうか


浅草から水上バスに乗り、日の出桟橋に向かいます

「この川はなんていう川?」聞かれてとっさに出ないアホ姉妹

「えっと?利根川じゃないし?」(妹
「荒川でもないし?川だよ!川!」(姉


はい、正解は隅田川デス。。。

水上バス

船は食い意地はったカモメに見送られ(観光客のやる餌めあて

すずめ親子を乗せて浜離宮をへて日の出桟橋へ向かいます


日の出桟橋から浜松町へ 浜松町から羽田空港へ


はねだくうこうへ。。。(しょぼん


お土産を買ったり、アイスを食べたりしているうちに搭乗時間

すずめちゃんが握手して抱きついてくれました

あ?、もうなんも言えねえぇ。。


帰ってからすずめちゃんが電話をくれました

お兄ちゃんすずめ君ともお話しました!

いやあ?たまにブログでひげさんと会話してるのを読んでたけど

まんまでした(笑

会ってみたいキャラです

すずめ親子はなかよし親子やーーーーん

遠くまで飛んで来てくれてありがとうね


いつか、また会いたいね


また会おうね

また会えるね


スポンサーサイト
別窓 | - | コメント:36 | トラックバック:0 | top↑
2日目
2009-01-23 Fri 05:03
2日目は、すずめ親子は水入らずでお楽しみ

ワタシは姉の葉摘みちゃんと最終日の打合せ


「御徒町で降りて、うさぎやのどら焼きをお土産に持たせたい!」と姉


「御徒町に寄る時間はないんじゃないかなあ」てワタシ


「でも、うさぎやのどら焼きを食べさせたい!」


「いや、夕方には飛行機に乗るんだから無理だよ?」


「湯島天神で受験のお守りを買ってあげたい!」


「受験まで一年もあるよお?」


「なんとかならないかなあ」


「疲れちゃうよ。。浅草だけにした方がいいって」


「そうか。。。そうだよなあ?。。。」(がっかりしてるらしい



いつもはキチンとしてる姉が子どものようだ

まあ、もともとがお祭り人間で不屈の体力の持ち主だから

アレもコレもと欲張りたい気持ちはよくわかる!


しかしね?すずめちゃんに「疲れたの?」ってきくと

「楽しいからだいじょうぶ!元気!」って答えるんだよ

コレはウチの姉と一緒でいつのまにか疲れがたまってるのに気づかず

倒れて初めて「疲れてたのか?」って思うタイプ(笑


困ったヒトだ

そんなわけで最終日、3日目は「浅草」(だけに)GO!
別窓 | - | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
Smile!
2009-01-22 Thu 04:43
スマイルクッキー

いきなりですが、スマイルクッキーです

四国からすずめが渡ってくるというので

餌付けするために焼いたのです(笑


初めてcocoroの窓辺にすずめちゃんが来てくれたのは

2006年の11月21日でした

姉の葉摘みちゃんのブログからこっそり覗きに行ったら

履歴をたどって訪問してくれたのです


アノ頃ワタシは毎日毎日ホントに毎日毎日

途方にくれて泣いていました

そしてヒゲクマが意識不明になったとき「祈ってください」と

書いたら、

「祈ってる!祈ってるから!祈ってるぞーーー!」

って書いてくれました


そして2009年1月16日

ついに ついに ご対面です

場所はKKRホテルのレストラン

kazumiちゃんが予約してくれました


あがってしまって、ケーキバイキングをひたすら食べまくりました

いえ、食欲も旺盛なんですけど、どうしていいかわからなくて

東京タワー

食後は東京タワーへ

そこでもワタシはあまり近くに寄れなくて

だってだって。。。だってだって。。。

富士山の夕景

やがて日が暮れ

夜景

素晴らしい夜景を眺めつつお茶をしました

このとき、初めてお隣に座りました

子すずめちゃんの描いたイラストを見せてもらいながら

子すずめちゃん、すずめちゃんとおしゃべり。。


まだまだ 舞い上がったままどうお話していいかわかりません

柔らかいイントネーションのすずめちゃん

大きな目のすずめちゃん

大事故の跡は見えません


神様 ありがとう

すずめちゃんを地上に残してくれて


「ブログで友達になるのは宝くじに当たるより低い確率」

って最初のころ、すずめちゃんがコメしてくれました

だとしたら、ワタシは大当たり3億円をいっぱい引き当てました!


続きはまた明日

おもしろいかどうかはわかりませんが?

大切な記憶を残しておくために書きます!







別窓 | - | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
冬の星座
2009-01-13 Tue 03:30
こーがらしとだえーて

さーゆるそらよりー

ちーじょうにふりしーーーく

くーすしきひかりーーよーーー

もーのみな いこえーる

しーじまのなかにー

きーらめきゆれつーつ

せーいざはめぐるー


木枯らし 途絶えて
     冴ゆる空より
地上に降りしく
     奇(クス)しき光よ
もの皆憩える しじまの中に
きらめき揺れつつ 星座は巡る


なんて綺麗なんでしょう

ワタシの子どもの頃はこんな歌を習っていたのです

子ども達の音楽の教科書にはこんな昔風の言い回しの歌はありません

いろんな国の音楽が載っていて

それはそれなりに楽しいのだけれど


日本語教育がどうこう以前に、こんな美しい歌を習えないなんて

そりゃ、小さい頃は不思議な言葉くらいにしか思わなかったけど

いつまでも心に残っているものです

「くすしきひかり」



昨夜の満月はあかるく大きく

冷え込んだ空 白く淡い斑を浮かべてさえざえとしていましたね

冬 まっただなか

またはもう春に近づきつつあるのですね


このごろは遠い思い出話が多くて

もしかしてココロも冬眠してまどろんでいるのかもと思うのです

別窓 | - | コメント:29 | トラックバック:0 | top↑
縫いもの
2009-01-08 Thu 15:48
ワタシは縫いものが苦手です

小学校でも中学でも高校でも

家庭科で「食物」「家庭管理」のときはそこそこ成績がいいのに

「被服」の項目になると「2」をいただくのです


オトナになるまで全く縫い物はしませんでした

子どもが生まれて幼稚園になって

初めて自分のミシンを買いました

理由。。。通園の絵本バッグは手作りと決められていたから


ワタシの知っているミシンは母の使っていた足踏みミシン

革のベルトが大きな車にかかっていて

木の台からえっこらしょと回転して取り出すものでした

ミシン台の底には古新聞が敷かれていました


学校では電気ミシンだったけど

3台中2台は壊れていて、上糸が強いか下糸が強いかの2択(笑

とにかくミシンが大嫌いだった


初めてのミシンは生協で買った安物

フットコントローラー付を選びました

運動神経が鈍いので「あっっ」と思ったとき

すぐに手元ボタンを押してストップするなんて

とても無理だと思ったのよ


それからもう13年

安物であるがゆえにパワーも弱く

自動糸通しもなくて、ロックカッターもない


だけど、このミシンで子供服からカーテンからコップ入れから

細々と縫ってきました


相変わらずおおざっぱでいいかげんで縫い目もキタナいけれど

今日もかたかたかたとミシンを踏んでいます

大好きな友達にプレゼントを作りたくて

手作りだからご愛嬌なのよ!などと言い訳をしながら


トヨタミシン電動ミシン足で踏むレトロミシン

おまえとこんなに長くつき合うなんてね

家庭科の被服は「2」なのにね
別窓 | - | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
新年
2009-01-01 Thu 10:48
あけましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願い申し上げます!

ご挨拶に伺う時間がなくなりましたああ

もう出なくては。。。






ネボウした!!


別窓 | - | コメント:34 | トラックバック:0 | top↑
| cocoroツアーズ |