cocoroツアーズ 在宅介護
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
在宅介護
2006-11-01 Wed 12:01
在宅介護のためには各種の行政サービスがある。

まず、病院内の相談室に行く。
ソーシャルワーカー?とかいうヤツだ。

そこで教わったのは
1.まず地域包括センターに連絡を取る。
2.必要なケアサービスについて相談する。
3.往診してくれる医師と、看護士センターを決める
4.点滴の指導を受ける

まず、地域包括センターに電話する。
連絡先等は病院で教えてもらった。

行ってみると、とても親切で感じがいい。
若いひとからお年寄りまで、さまざまな相談員がいる。

病状を伝えると、要介護1か2だという。
要介護2だと、各種サービスが1割負担で受けられるが、1だと自己負担になり、経済的な負担の差は大きい。

必要なのは、まず介護用ベッド。
場合によっては車椅子、ポータブルトイレや紙おむつ。

看護センターは往診の医師に相談して決めるコトにする。

次に、病院で紹介されたクリニックに行く。
とても感じのよい病院で、先生も親切そうだ。
2階がデイケアセンターになっており、待合室にもご老人が多い。
看護士の派遣について相談。
看護センターのピックアップをしてくれるらしい。

次に、点滴の薬剤についての指示を受ける。

現在使用している薬剤と、退院時の薬剤を聞いて連絡してほしいとのコト。
1週間分の点滴を用意してもらって退院するコト。

そして昨日、初めて点滴の指導を受けた。

テルモのひとが来て、機材の説明を受ける。
点滴の機械は病院で見る物とは全然違うので、びっくり!

大きさは10×15センチくらい。
子供の学習教材みたいで、とにかく解りやすく作られている。
ポケット辞書くらいの大きさと厚みだ。

それにチューブを取り付け、薬剤をつなぐ。
薬剤は横にすることはできないので、縦にしておかなければならないが、それさえできれば病院のような点滴スタンドは必要ないんだって。。。へえぇーーー
この機械を通すと、点滴スピードの調節を設定通り調整してくれるらしい。

充電乾電池を使うので、コードにつながれた煩わしさもない。

これらをコンパクトにセットできるバッグは別売り。
6000円弱。

このバッグにセットすれば点滴をしたまま外出するコトもできるみたい。
へぇーーーーーーー!

ともあれ、私でもなんとか管理できそうだ。

今日から点滴指導が本格的に始まる。
ガンバらなくっちゃ。。。
スポンサーサイト
別窓 | - | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<やつあたり。。 | cocoroツアーズ | 料理してます>>
コメントありがとう
Hello!
帰ってくると違う大変さがあるね。。。
よし!次のお見舞いの時もケーキをおごちゃる!(^^)y
2006-11-02 Thu 18:12 | URL | 葉摘み #-[ 内容変更]
Thank you!
だはーv-10
うれしすぎv-20
2006-11-04 Sat 02:42 | URL | hiromi #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| cocoroツアーズ |