cocoroツアーズ やつあたり。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
やつあたり。。
2006-11-04 Sat 03:52
昨日は調布医師会の訪問看護センターへ行ってケアマネさんに会った。

ケアマネさんは看護学校の教師もされている方で、50代くらいの優しそうな女性だった。

午後5時に約束をしていたのだが、やっとセンターに着いたときには午後6時近かった。

ケアマネさんとは事務的な打ち合わせをするものだと思っていたが、病気の経緯やこれからのサービスだけでなく、私の家庭の事情や心情まで熱心に聞いてくれた。
冷静に落ち着いて話していたのに、いつのまにかこころがほぐれて、涙を流していた。

やだなぁ。。。もう。。。

ホスピスの話をしているうちに、自分がホスピスの手配をしていることに後ろめたさを感じていた事に気付いた。
なんで最後の最後まで在宅ケアをしてあげようと決意できないのか。。。
自分を責める気持ちがあった。


理由のひとつに、母のコトがある。
子宮がんだった母。
末期は大学病院ではなく、小さな老人病院のような施設で亡くなった。

酸素マスクを付けて、弱々しくなって、小さくなって、
でも、お見舞いに行くと、必ずお小遣いをくれた。
ちゃあんと、意識があったんだ。

病室は咳の止まらない老人と相部屋だった。
母はそのひとの咳が気になって仕方ないようだった。

病院の廊下は薄暗く、掃除も行き届いてないように見えた。
看護していた父は病室の床に薄い布団を敷いて寝泊まりしていた。
看護士さんに暖かみを感じられなかった。。。少ない人数で、疲れているようだった。

最期に亡くなったのは西日の差す個室だった。
なぁんにもない、寂しい病室。
点滴をかってに抜かないようにベッドの柵に手首を縛り付けられていた。


こんな最期、いやだ。。。かわいそうだと思った。


どうしたって、最期まで自宅で過ごす事はできない。
ほとんどの人は病院で亡くなるのだ。
ならば、少しでも暖かで手厚いケアを受けて、居心地のいいところで過ごさせたい。。。

でも、それは私の自己満足?
それとも逃げのようにも思える。

この頃、すごく疲れる。。。
病院でもあまり笑顔になれない。
ヒゲクマが一番つらいなんて、わかってる!!!!
つらいのに、泣いているくせに、私の前では無理して平気そうにしているだけだって。。
わかってる!!!!!!!
自分がいっとう嫌い!!!!!!!!!!!!!!

病院から帰ってくるとムスメにやつあたりしてしまう自分が嫌い。
ムスメは弟にやつあたりしてる。

今日は洗い物をして、お米を水に浸しておいてって頼んでいた。
ムスメはお米はできたけど、洗い物を洗濯物をたたむのと勘違いしていた。

「なんで、洗い物ができていないの!」って怒鳴った。
全然、怒鳴ったりしないヒトだったのに、この頃すぐ大声が出ちゃう。
ちゃんと洗濯物がたためているコト、褒めたかった。
お米の支度ができているコト、お礼を言いたかった。

晩ご飯が夜10時近いのに、なんにも文句言わないで、
二人とも我慢してくれている。。。

だのに、ゴメン。
明日はぜったいぜったいニコニコするから。
スポンサーサイト
別窓 | - | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<cocoroの休日 | cocoroツアーズ | 在宅介護>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| cocoroツアーズ |