cocoroツアーズ 親の心、子の心
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
親の心、子の心
2006-11-10 Fri 09:57
余命告知を受けた日。

4月1日。
エイプリルフール。。。
その日、ムスコはヒゲクマの実家にお泊まりしていた。
春休みだったから。

ムスメは部活や宿題があったから、私とふたりマンションに残った。
でも、本当は私が手放したくなかったからだ。
ひとりぼっちで家に帰るのがいやだったから。

告知は私ひとりが聞いた。
カンファレンスルームから出てくるのをヒゲクマ、ムスメ、幅ちゃん、幅ちゃんのムスメが待っていた。
普通の顔で、元気にみんなの前に戻った。


エレベーターで1階に降りてから、泣いた。


それで、ヒゲクマ以外のみんなにばれた。


ムスメはしばらくひとりで眠れなくなった。
ふたりで、抱き合ってわんわん泣いた(泣いてばっか)
それでムスメが変ったかというと、わからない。。。

ムスメは誰か男の子に告白されて、お断りした。。。らしい。
その男の子は今もムスメを想っている。。。らしい。

ムスコは何も知らずに昨日まで過ごした。
ホスピスで勧められて、打ち明ける決心をした。
わかりやすく話したつもりだけど、
ムスコは無邪気にうなずくだけで、笑顔だった。


こいつ、、、はかりしれない。。。

何を考えている?

わからないフリしてる?

理解を拒んでいる?


ヒゲクマは子供たちに別れの手紙を書き始めた。
なんだか、教訓みたいのを書いているので、
もっと自分の言葉で、自分の気持ちを素直に書いたら?
ってアドバイスした。

昨日お見舞いにムスコを連れて行った。
ヒゲクマも自分の病状を話したらしいが、
「わかってんのかぁ?」
って言ってた。


まだまだ幼い小学4年生。
ムスメは思春期と反抗期の中2。


この先、あなたたちはこの事実をどう受け止めていくのだろう。
私はあなたたちの支えになれるのだろうか?
スポンサーサイト
別窓 | - | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<仕事 | cocoroツアーズ | ホスピスの面接>>
コメントありがとう
Hello!
12日の日曜、阿佐ヶ谷でお茶会なので、その足でいきます。
4時過ぎになると思います。
また一緒にご飯を食べましょう。
2006-11-11 Sat 01:12 | URL | 葉摘み #-[ 内容変更]
Thank you!
おう!
わたしゃ悩み多き日々だよぉ。。。
葉摘みちゃん、お着物でしょ?
だいじょうぶ?
2006-11-11 Sat 05:48 | URL | hiromi #-[ 内容変更]
Hello!
ドンとまかしとけ!!
着物の疲れなんてhiromiに比べりゃ“ノミとゴジラ”ぐらいq(^o^)
近くに子供がいなければじっくり聞いてあげられるんだけどね。。
まぁ~子供はお母ちゃんのそばにいたいもんさ (笑)
2006-11-11 Sat 10:40 | URL | 葉摘み #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| cocoroツアーズ |